マイレコメンさがし

通販サイトの評判とiPhoneなど通信関連の情報を発信しています

次期iPhoneSE(3rd or Plus) 香港版に物理デュアルSIM?

2022年に発売が噂されているiPhoneSE3(3rd or Plus) の香港版に、物理デュアルSIMが付くのか?

f:id:shoku_sagashi:20220126095131j:plain


WEB上では、大まかに2つのモデル予想がでていますが、物理デュアルSIMについての決定的な情報はまだ出ていないようです。

そこでこのサイトでは、香港版(海外版)に、物理デュアルSIMが付く可能性について、考察してみました。

 

2つの筐体(ボディサイズ)

まずWEB上では大まかに2つの筐体(ボディサイズ)について予想が出ています。

①XRのボディ流用

XRのボディを使うのでFace ID になるのですが、次期iPhoneで採用になると思われる、電源ボタンで指紋認証させることの搭載が噂されているモデル。

したがって画面サイズも現行よりひと回り大きくなります。

f:id:shoku_sagashi:20220126095549p:plain

以前発売された、中国・香港版のXRにはデュアルSIMが搭載されていたので、この場合はeSIM無しデュアルSIMが中国・香港版として搭載されると予想。

最新(3/3)の情報ではXRのボディを使うタイプは可能性が少ないようです。

 

 

②現行SE2のボディ流用

現行SE2のボディを使い、Touch ID となるモデル

f:id:shoku_sagashi:20220126095206j:plain

現行発売中のSE2ではコストを抑えるため、ユーザー数の多い北米(LTEバンドの関係)と中国本土(eSIM非対応シングルSIM)以外の国は世界共通モデルとなり、物理デュアルSIMモデルはありませんでした。

香港版は中国版と同一モデルになる場合が多いのですが、この時は香港版が世界共通モデルと同一モデルになったため、物理デュアルSIMモデルは出ませんでした。

したがってこの場合、物理デュアルSIMモデルは出ないと予想されます。

 

過去のSE発売の流れ

初代SE

2016年3月

この時はiPhone 6s と6sPlusの廉価版として発売されて、北米版に技適がつきました。

SE2

2020年4月

この時はiPhone11の廉価版と言う位置付けで、世界共通モデルとして技適が着きました。

今回は

2022年3月?

世界共通モデルなら、技適マークが付きますが、デュアルSIMはなし。中国香港モデルなら、技適マークが付きめせんがデュアルSIMは搭載されると予想

 

買えるところ

もしiPhoneSE20222のデュアルSIMが発売されたら、香港版を入手することになりますが、いまのところ、以下のルートであれば、発売後に入手可能と思われます。

expansys

香港の通販

②etoren

シンガポールの通販

イオシス

日本の通販

④ガウロンドットコム

香港の個人輸入代行

AliExpress

Alibaba(阿里巴巴)グループが運営する通販

Qoo10

Qoo10はアメリebayの日本法人が運営する通販

 

以下関連記事です。

shoku-sagashi.hatenablog.com

 

/*****TOPページへ戻る****/